人間

占い・カウンセリングの基本は、身近な生活の中にある。

Pocket

鏡餅

 

鏡餅を供えたり、お飾りをしたり、新しい年神様をお迎えするのに大忙しのことと思います。

昔も今も変わらないことはあるけれど、変えていかなければいけないこともあるようです。

 

 

例えば、町内などで行なう餅つきも、ノロウィルスに感染する恐れがあるということで止めているところもあるようです。

除夜の鐘も、夜間にうるさいということで、鳴らさなくなっているお寺もあるとか。

神社では、絵馬に願いを書いた後、個人情報を保護するためのシールを貼るそうです。

お賽銭も、振り込みで良いという神社が増えているとか。

 

どちらにしても、引き継がれていくこと、方法を変えなければいけないこと、色々あるけれど、物事には基本があるように、最低限の常識は心得ておきたいものです。

我が家の基本として、松竹梅の松は、玄関に門松、竹は、長寿(絵を飾ったりする)、梅は、紅白(赤は魔除けになるので花を生ける、梅がない時は南天の花でも良い)。

鏡餅は、二重にしたお餅を重ねて(月と太陽を表している)、神様にお供えをします。

健康や金運や家内安全を願うために、昆布締めや橙(先祖代々が繁栄するように)を供えます。

 

生活は時代とともに変わってくるので、何を食べても良いと思いますが、良いと思うことは引き継いでいきたいですね。

良いお年をお迎えください。

Pocket

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です