74回目の終戦記念日を迎え、思うこと。

Pocket

科捜研

 

今日は、74回目の戦没者の方々の追悼式典が、令和として初めて執り行われました。

 

 

黙祷を捧げるとともに、テレビを通じて、戦争を体験していない世代として、私たちの生活している国で、過去に戦争が起きていたという事実を受け止め、これからの日々の生活を大切していこうと思いました。

何が必要で、何が必要でないかを見極め、生かされているということを考えながら、カウンセラーとして適切なアドバイスを、これからもして参りたいと思います。

お盆が終わればお彼岸となりますが、3色以上の金平糖を食べて、まだまだ暑い夏を乗り切りましょう。

Pocket

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です