人間

新しい時代に必要なこと

Pocket

新しい

 

毎年末に、一年間の世相を表す流行語が発表されています。

また、ファッションや家電などの分野では、次々と時代に沿った新しいものが沢山生み出されます。

しかし、多くの人は次第に感情や愛着を持たなくなり、結果として使い捨てているように感じられます。

人はなぜ、新しい物事にばかり興味を持ち、使いこなすことが出来ないのに新しいものを求め続けるのでしょうか?

 

 

新しいだけではいけない

 

目新しいものには誰しも興味があるので欲しくなり、その便利さのおかげで生活の無駄がなくなり、時間の短縮や有意義な生活が過ごせるようになるでしょう。

時代が昭和から平成に変わり、黒電話がプッシュホンになり、やがて携帯電話やパソコンなどが生み出されました。新しいものに慣れるのはとても良いことですが、全てが新しいことだけではいけないと思いませんか?

平成生まれの方々にとって、昔の良さというものはなかなか伝わりづらいかもしれません。

新しいことの素晴らしさはとても分かります。若い世代の方々が持っているものやなされていることは、心や体に対するストレスや負担が少なかったりするのは理解出来るのですが、私と同世代の方々にとっては正直疲れてしまうことがあるかもしれません。

小学校や中学校、高校や大学に行って、やがて就職をして、社会人として良い地位を築き上げるのはこれからの時代も変わらないかもしれませんが、平成が終わるこの時代に何が必要で何がいらないのかということは、カウンセラーとしてお話ししておきたいですね。

 

想像を超える時代がやってくる

 

2019年から新しい元号に変わり、今後の日本がどのような方向性に変わっていくのかを私なりに考えた場合、

・今までの常識を覆すような時代がやってくる。 
(例えば、結婚や親子関係や上司との関係性において、今までのような感情論ではなく、法律や規則が出来るようになる。)

・“所有”という概念が変わり、土地や車などが個人の所有ではなく、会社などから借りるものになる。

・国と国同士の仕組みが変わり、お金の価値が変わり、途上国と発展途上国をそれぞれ仕切る国や組織が出来る。

まだまだお伝えしたいことはありますが、平成までの常識や価値観のままでいると、きっと想像もつかないような時代がやってくることでしょう。

 

まとめ

 

今後どんなに新たな技術が生まれても、自然界に存在しているもののおかげで人が生かされているということ、自然が存在するおかげで、人が何かを生み出しているということを決して忘れてはいけません。

もしこのことを忘れてしまえば、人々は失敗を繰り返し、やがては破滅へと向かうことになるでしょう。

技術の向こう側には人が、そして、愛や感謝というものが存在しているということを、決して忘れないで頂きたいと思います。

Pocket

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です