人間

趣味を仕事に繋げると、どのような人生を歩むことができるのか

Pocket

趣味

 

趣味は、余暇や人生を楽しむだけのものではなくなり、先の見えない現代を生き抜くための独自の武器にもなり得る時代となりました。

カウンセリングをお受けしていると、例えば40代を迎え“今後の人生をどのように生きていけばよいでしょうか?”と悩まれてご相談に訪れる方が多く、その際に“ご趣味はなんですか?”とご質問をすることがあります。

趣味を趣味のままではなく、お金を生み出すことに繋がるまで極めることによって、あなた自身が本来持っている前世からのメッセージ、つまり、前世が人生の中で成し遂げたかったことを叶えることに繋がります。

その結果、地位や名誉やお金を得たり、自分自身以外の存在を幸せに出来るでしょう。

 

 

 

人は誰でも、3つの才能を持っています。

 

1つは、ご先祖様から引き継いで一生の間にやり遂げるべきもの。

父方の3代前の方(曽祖父)がご興味を持ち、成されていたことがこれにあたります。

 

1つは、天才と呼ばれる才能。

あなたを正しく導いてくれる存在に出会うことが、あなたが天から授かった天性の才能を開花させることに繋がるでしょう。

 

1つは、あなた自身が心からしたいと望んでいること。

あなたがこの世に生まれ、存在している価値を表現するものです。

 

 

これらを見極めることによって、一生を通してお金を得る才能を見つけることが出来ます。

また、ご先祖様という目に見えない存在に感謝をされ、日々守られているという実感を得られるようになります。

 

目標が見つからない、生きる目的がない、何をしていいか分からない。

人生をどの方向に進めるべきかを定めるために、趣味を見つけることから始めて、やがて使命や天命に気付いていけるようになってほしいと願います。

誰しも生まれたからには、やるべきことがあるという真実に気付いて頂きたいのです。

 

人は何かを始めようと思う時、費用がかかるとか、時間がないとか、お金が無駄になってしまうなど、諦めることを先に考えてしまう時があるでしょう。

そうではなく、週に一回する時間がないのなら月に一回してみるなど、諦めるのではなく前向きに未来に向けて物事を考えていくことによって、次第に3つの才能が開花していくのです。

 

 

人生にはリズムというものがあります。

 

6歳頃になると、周りの人が見ていても分かるくらい、才能というものが表に出てくるのです。

12歳から18歳頃になると、自分でも才能を伸ばしたいと願うようになり、プロという生き方を意識するようになり、やがてお金を得ることに繋がっていくでしょう。

25歳頃になると指導者へと進み、後継者を生み出し才能を繋ぎ、次の世代に幸せを与えていくでしょう。

42歳頃になると、自分自身がするべきことをさらに真剣に考えるようになり、最終的にこの世に生まれた意味にたどり着くことでしょう。

ここまでに述べた内容を参考に、まずは趣味を多く持ち、目標ある人生を歩んで頂けたらと思います。

Pocket

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です